心理カウンセラー佐藤照貴

                  (月〜土曜日9:00〜17:00)

「安心して弱音を吐ける人(場所)」が立ち上がる勇気に変わる

  万引きや不登校等の問題行動は、家族にレッドカードを出し「私を見て!」というSOSです。機能不全家族は、愛情飢餓状態にあることを教えてくれます。愛情の反対は「無関心」。いつの間にか、忙しさにかまけて目の前の大事な人をないがいしろにしていると、誰でも「孤独」になります。孤独は1日10本のたばこを吸うほどの害があるとも言われています。人間は無条件の「ふれあい」なしに生きていけません。

 あらゆる問題行動の背後には、声なき声、必要、理由があって起こります。何かの理由なくして問題はおこりません。「必要とされたい・認められたい・褒められたい」を満たすことが解決の糸口です。

 処方箋の1つは、空洞の心のコップが満タンになるように「せざるを得なくて苦しんでいる感情」を自己開示することにより「気が済んだ」となると”安心感””が、課題の解消につながります。「安心して弱音を吐ける人(場所)」が、立ちあがる勇気になります!