心理カウンセラー佐藤照貴

                  (月〜土曜日9:00〜17:00)

子供が「僕ね…」「今日ね…」と話し始めたら?

私は厳しい父親、あなたのためよ!といいう「愛情という名のコントロール」をする母親に育てられた。そのストレスや不安で幼児期の「爪噛み」があった。「神経性習癖(しんけいせいしゅうへき)」と呼ばれています。子供の爪噛みの原因は、欲求不満や愛情不足など精神的にストレスを感じ、不安や精神的な緊張を和らげるためと言われています。

  愛情・スキンシップ不足、他人と比較され「ありのまま」を生きられなかった子どもの「イライラ」が、私の爪かみの原因のひとつです。爪を噛むことで、心を安定させていたのだと思われます。

 処方箋は?子供のストレスを和らげるには、子供が「無条件に親に愛されている、大切にされている」という安心感を得ることが重要です。リラックスしていると、子供も自分の気持ちを母親にに話しやすくなります。子供が「僕ね…」「今日ね…」と話し始めたら、途中で口を挟まずゆっくり話を聞いてあげましょう。お互いの話を聴く!は大人社会にも求められています。