心理カウンセラー佐藤照貴

                  (月〜土曜日9:00〜17:00)

書くことによる癒やし〜心理療法『ライティング・キュア』

  私の幼児決断は「父親のような人間だけにはならない」でした。父は絵に書いたような「学歴偏重 鬼軍曹」。「いい高校・大学に入ればいい就職ができる」という 親の価値観の押し売り。テストを見せても一度も褒められることなく、「もっと もっと」でエンドレスの「頑張りを強いられ、それに応えるための「いい子」を演じていた。少しでも気にいらないと雪の中に投げられ、数時間小屋で過ごすことも・・・笑えない日常がトラウマになった。

  大人になり、カウンセリングと講師の「イロハ」を教えて頂いた金藤晃一先生から「ライティング・キュア」(書くことが癒しになる)を紹介頂いた。

  ノートに納得がいかない事、理不尽な事、不当な事等への表現していない感情をキチンと表現していく事をしてみる。心の中にある汚物を、一度思いっきり書きます。感情を吐き出せば、それを冷静に見ることもできるようになってくるはずです。※自分だけのノートに、というのが大切。