心理カウンセラー佐藤照貴

                  (月〜土曜日9:00〜17:00)

「共感」と「同情」の違い

 心理学の世界では「共感」と「同情」は似て非なるものです。カウンセリングの神様カール・ロジャーズは、共感的理解のことを「CLの私的世界を、あたかも自分自身のものであるかのように感じ、しかも”あたかも~のように”という感覚を失わないこと」としています。それに対して同情は、その心の奥に相手のことを自分より弱い人間だと見下す態度です。相手を軽蔑してるつもりはなくても結果見下してることになります。説教や上から目線の相談姿勢はこんな態度に一因があります。
 よって、同情されて「尊厳を大事にされた」という感覚にはなれません。どんな人生を歩んだ人間も人生のストーリーがあり、そこに共感できてこそ「自分は大切にされた」という尊厳とプライドが回復され、内面的な気づきとカタルシスが起こり始めます。